身長を伸ばすならどんな運動をすればいい?

成長期の子供が遊びや運動でしっかりと体を動かすことは、身長を伸ばすためにプラスの影響を与えることになります。運動などで体を動かすことによって成長ホルモンの分泌が活発になりますし、骨自体にも刺激を与えるのです。そこで、身長を伸ばすならどんな運動をすればいいか、逆にどんな運動がNGなのかなどを知っておくと役立ちます。

 

身長を伸ばす運動のポイントは、骨に対して刺激が縦方向に加わるということが1つです。簡単に言うと上下に揺れる運動で、ジョギングやジャンプすることが多いバスケットボール・バレーボールなどが適していると考えられます。

 

ただし、これらのスポーツをしているので身長が高いと早合点しないことで、元々背が高い子供が取り組んでいるだけです。2つ目のポイントは、骨が伸びるための軟骨に対して刺激を与える運動で、全身運動ができる水泳が適しているスポーツの1つになります。

 

逆にNGな運動としては、過度な負担がかかる運動で、体の一部分に極端な負担がかかることで骨の伸びしろの軟骨を損傷してしまうからです。また栄養摂取量の不足につながることからエネルギーを膨大に消費する種目もNGですし、激しく疲労してしまうオーバートレーニングも逆効果になってしまいます。

 

ただ一番大事なことは、種目を問わず子供が楽しんで思い切り体を動かし運動することで、それが身長を伸ばすことにプラス効果があると言えます。また、親子で楽しみながら続けられる運動をするのも良いことです。

 

逆に親が運動をすると身長が伸びるからと子供に無理やり運動させることは、子供にとって運動が義務になってしまうので避けたいことです。

 

トップページはこちら