身長を伸ばすなら正しい生活習慣が大事

子供の身長を伸ばすなど成長に影響する要素としては、成長ホルモン・両親の体格・子供の体質・栄養・生活環境・運動など様々な要素が関係してきます。また、思春期を迎える時期により最終的な身長も変わってきます。

 

特に影響するのが成長ホルモンで、身長を伸ばすためには必要不可欠な存在で、その成長ホルモンが十分に分泌させるためには規則正しい生活が基本になるのです。つまり、身長を伸ばすために一番大事になるのは、睡眠・食事・運動をバランスよく熟すことで、両親としては子供に正しい生活習慣を身に付けさせてあげることが大事なのです。

 

どのような生活習慣を心がけると身長を伸ばすことに良いのかというと、早寝早起きと年齢に適した睡眠時間です。身長を伸ばす働きをする成長ホルモンは、22時から2時頃まで大量に分泌されるので、分泌量を最大限にするためにも21時までに子供を就寝させることが理想的です。

 

また、起床時間が乱れると就寝時間も乱れてしまうので、早寝早起きを心がけることも大事です。それから睡眠時間に関しては、幼児〜小学生は約10時間、中学生〜高校生は約8時間をひとつの目安として確保すると良いです。

 

バランスのよい食事を1日3回摂ることで、成長に必要な栄養素を十分に摂取できて身長を伸ばすことができます。特にタンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛などは、身長を伸ばすために必要な栄養素なのでバランス良く摂取できるように心がけることです。

 

それから適度な遊びや運動も成長ホルモンの分泌を活発にすることにつながるので、できるだけ全身を動かす遊びや運動を生活習慣として取り入れると良いです。

更新履歴